新車を安く買う方法

新車を買うには、いつが安く買えるの?

新車購入をご検討の方の中で、「いったいいつ新車を買うのが一番安く買えるんだ?」と考えている方も多い事でしょう。そこで当ページでは、過去に新車営業マンを行ってた党サイト管理人が、新車購入を成功させる為のタイミングや時期などをご説明していきたいと思います。まず新車購入を考える方には以下のような状況があると思います。

@今乗っている車が車検になった
A今乗っている車が調子が悪い、古くなった
B新しく増車をする事になった
C希望車種の新型が発売された
D担当営業マンに促進、提案をされた
E愛車で事故を起こした


このような理由がかなりの確率を占めるのではないでしょうか?

急に新車を買わなくてはいけなくなった場合や、いろいろ考えて欲しい新車を買いたくなった!という事が多いでしょう。しかしどちらの理由にしても、新車は安く買いたいもの。これは当サイト管理人の私でもそう思うことです。まず新車を安く買う為には「多くの新車値引きをしてもらう」事が第一条件になります。その為、当サイトのような新車値引き情報サイトへ起こし頂いた事でしょう。

しかし当ページでは、新車値引きについての話は別として、よく言われている決算時期の購入についてや、いろいろな部分で良い条件が出やすいタイミング、時期などをご紹介していきたいと思います。新車購入のご参考にしてください。

まず新車を購入するタイミングでお勧めなのが以下のようなタイミングになります。

@決算
これは誰もが知っている各ディーラーの決算月に合わせて新車を購入する!という物ですね。この決算と言うのは通常3月と9月。しかし今ではその認知度からも1月〜3月末、8月のお盆明け〜9月末までが決算条件で新車を購入出来る!と言っても過言ではないでしょう。

A土日などのイベント時
これは体験された事がある方も多いと思いますが、営業マンから「今度の土日、出店を出すのでごご家族皆さんで遊びに来てくださいよ!」と言うようなお誘いがある場合です。新車ディーラーと言うのは、基本的には日曜日で締めてその週の目標販売台数をやりきろうとしています。そこで休みのお客さんが多い土日をイベントと称して、いろいろな誘引方法を考えてるのです。要は土日に契約をあげたい!と言う事ですね。この為、土日は良い新車値引きや条件が出やすくなっています。

B6月〜7月の時期
これもボーナス商戦と言う事で基本的には良い条件が出やすい!と言われています。しかし今ではボーナスが入ったから新車を買う!と言うような昔ながらの考えを持っている方も非常に少ないですね。ボーナスがもらえても貯金をする方も多いので。

C11月〜12月の時期
これも上記と同じでボーナス商戦の一種ですね。しかしボーナス商戦自体が盛り上がりません。その理由は上記と同じです。しかしこの時期は、新型車を発表するケースが非常に多くなっていますね。自然に車が売れる決算時期ではなく、売れなくなった時期に新型車を発売して活気つけようという事です。

上記に新車購入をお買い得にする為によく言われている時期をまとめてみました。やはり1月〜3月の決算月は一番盛り上がりますね。営業マンや販売店に課せられるノルマも通常月の1.5倍ぐらいにはなりますので、新車値引きうんぬんで売れるお客さんを逃す…という事をしている場合ではないのです。こうした事からもやはり1月〜3月に照準を合わせて新車交渉を進めていくのが無難でしょう。

あとは個人的にですが、土日のイベント時はいつでも安く新車を買いやすいと思います。土日の夕方とかって本当に営業マンとしては憂鬱になります。車を買ってくれそうなお客さんの事を「ホット客」と言うのですが、このホットがないと居ても経ってもいられません。平日は何事もなく家に帰れるのですが、土日だけは一台でも新車を売らないと帰りにくいものなのです。

その為、土日に、しかも夕方ぐらいに新車契約が取れそうなお客さんとの商談では思い切った値引き交渉がしやすいのです。営業マンも夕方には心身もろとも疲れていますので、比較的新車値引き額もどうでも良いや…という気持ちにもなっていますしね。決算時期以外に新車購入をしなくてはならない事情がある方は、この土日の夕方を狙ってみるのは効果的です。

結局、営業マンが売らなくてはならないタイミングに買ってあげるのは一番良い条件を引き出しやすいという事です。上の立場になる!というイメージですね〜^^

カービュー

入力時間は約1分!
あなたの愛車の本当の価値がわかります。
時には数十万円もの差が出ることも…
車を最高の条件で購入したい方はぜひお試しください。
その効果がすぐにわかりますから。

ズバット車買取比較
【ズバットがオススメ理由】
@ディーラーの下取り価格よりも平均16万円高く売れる!
A大手買取業者ばかりが提携しているので安心!
B70%以上の方が5万円以上の査定額差を体験!
C入力時間がたったの1分!
Dくどい営業が少ない
▲ページTOPへ
円高